一つの仕事が長続きしない

 あなたは、仕事にやりがいを感じず、一つの仕事が長続きせずに転々と職を替えてきたことがさみしいんですね。今の仕事もやめようと考えていて、しかし望んでいる職種もなく、どうすれば自分にふさわしい仕事に出合うことができるのか考えて悶々とするんですね。

 仕事にやりがいを感じられないこと、職を転々としてさみしい気持ち、ふさわしい仕事に出合いたいと思って悶々とする気持ち、どれもあなたの大切な気持ちですから、心の中に居場所を作ってそっと置いてあげましょう。

 あなたはこれまで、様々な仕事を経験してきました。それはもしかすると、やりがいを感じたいというあなたの自己中心的な気持ちを抑えられなかった結果なのかもしれませんが、事実として、仕事をしないことを選ばず、仕事を替えながらも続けてきたわけです。そして、現在も、仕事をしないで家にいることは考えず、どんな仕事でもいいから仕事をしたいと考えていて、さらにできるのであればやりがいを感じられる仕事に就きたいと考えているようです。私から見ると、あなたは、仕事の内容ではなく、仕事をすること自体が好きなように見えます。仕事をすること自体が好きなことに、何か問題があるでしょうか。

 あなたがやりがいを感じられないと考えるのは、あなたが仕事の内容にしか目を向けていないからではないでしょうか。仕事に毎日出かける自分、仕事から帰って来てほっと一息ついている自分、そういった自分の姿をイメージしたとき、どのような気持ちになるでしょうか。もし、そのときに心地よくない気持ちになるのであれば、あなたは仕事をすることが好きではないのだと思いますから、別の道を探すのが良いと思います。もし、そのときに心地よい気持ちになるのであれば、仕事をすること自体にやりがいを感じていると言えるのではないでしょうか。

 世の中には、たくさんの仕事があります。ですから、もしかしたら職を替え続けるうちに、内容にやりがいを感じられる仕事に巡り合えるかもしれません。でも、あなたがもし、仕事をすること自体が好きでやりがいを感じているなら、どんな仕事をしてもいいんじゃないでしょうか。

 どんな仕事も、やってみて初めて得られる知識や技術があると思います。あなたがこれまでさまざまな職を経験して得てきたものを、宝物として考え、さらにその宝物を増やそうと思えるように、今日からなってみてもいいんじゃないでしょうか。

© 2017 taido takamine