受け答えをする前に

~傾聴について~

​不安を与えない

 前の項では、自分が理解した内容を相手に伝えることで、相手に安心感を与えるということをお伝えしました。ここでは、自分が理解したという事実を相手に伝えることで、相手を不安にさせないということについてお伝えします。

 自分が理解したという事実を相手に伝えるということは、簡単に言うと、聞いてますというサインを表現するということです。これは簡単そうですが、実際は難しいものです。自分では聞いているつもりでも、相手にそれが伝わらなければ意味がありません。話を聞いていないとよく言われる人は、自分が発しているサインが相手に伝わっているか、そもそも自分が発しているサインが間違っていないかを振り返るのもいいかもしれません。

 では、聞いてますというサインはどのように表現すればいいのでしょうか。最も頻繁に使われて、かつ効果が高いサインはあいづちです。あいづちの打ち方にはっきりとした正解があるわけではないのですが、はっきりとした不正解はたくさんあります。不正解のあいづちは相手を不安にさせます。

 ここで覚えておく必要があることは、正解か不正解かを評価するのは相手であって、自分の判断ではないということです。ですから、あいづちを打つ時も、話をしている相手の様子をよく観察しなければなりません。相手に寄り添いたいなら、自分のあいづちが相手との間に壁を作ることになっていないか、常に意識するようにしましょう。

© 2017 taido takamine