生きるということ(3)

ピンクのシュガー
ピンクのシュガー

私たちは、どうして人間として生まれてきたのでしょうか。

なお、あらかじめお断りしておきますが、

ここでは生物としてのヒトと、私たち人間のことを

まとめて「人間」と表現しますが、大きな区別はありません。

 

私たちが人間として生まれてきたのは、

人間として生きたいとたましいが願ったからです。

人間として生きて、その限られた生命の時間の中で

何かを成し遂げたいと願ったからです。

 

人間は、この世に生を享けると、

その前に願っていたことを忘れてしまいます。

正確に言うと、この体をもったがゆえに、

体に縛られて願いを思い出せなくなってしまいます。

ですが私たちは、生まれてくる世界、時代、

そしてどんな生き物として生まれてくるかを、

自分で願い、自分で決めて、この世に生まれてきたのです。

この地球がある世界に、この時代に、人間として、

何かをしたいと思って生まれてくることを決めたのです。

 

それは、生物としての進化とは関係ありません。

たましいは、本来の意味で自由ですから、

この世界ではない世界に生まれてくることもできました。

しかし、私たちは自分で選んでこの世界に生まれてきたのです。

自分で選んで、人間として生まれてきたのです。

 

この時代に、人間として生まれてきたことは、偶然ではありません。

無限ともいえる選択肢の中から、私たちは自分で選んで、

今の私たちとして生まれてきたのです。

 

では、私たちは何を願って、

何を成し遂げたくてこの世界に生まれてきたのでしょうか。

次の項ではそのことについてお伝えします。

人間として生まれてきた理由