​力を抜く

大堂庵は、あなたがご自身のたましいを磨くお手伝いをさせていただきます。

無理をするとどうなるかについて、お伝えします。

まず覚えておいていただきたいのは、

無理をすると余裕がなくなるということです。

気持ちに余裕がなくなると、たましいが自由に働けなくなります。

たましいが自由に働けないと、たましいを磨く生き方ができにくくなります。

ですから、無理をせず、いつでも余裕を持っている方がいいでしょう。

無理をしないための習慣として、体の力を抜くという方法があります。

日常生活の中では、どうしても体のどこかに力が入って、

そこに無理が生じてしまいがちです。

力を抜くのは、瞑想をしながらでもいいでしょうし、入浴しながらでもいいでしょう。

体の力を抜くことを習慣化できるようになると、

自分が無理をしていることに気づきやすくなります。

体に無理をさせないでいる状態を意識することで余裕が生まれ、

たましいが自由に働きやすくなることは、

​あなたの生き方にとって有益だと言えるのではないでしょうか。

© 2017 taido takamine