体を楽しませる

大堂庵は、あなたがご自身のたましいを磨くお手伝いをさせていただきます。

私たちのたましいは、体を預かってこの世を生きています。

たましいが願うことと、体が望むことが違うことはよくあることです。

たましいを磨く生き方をしたいと願っていても、

体が望むことをしたくなってしまうこともあるでしょう。

そのときは、体が望むことをしてもいいのです。

なぜなら、それは世界から与えられた役だからです。

この世の全ての人が、常にたましいを磨く生き方ができるわけではありません。

時には他人のことよりも自分のことを優先してしまうこともあります。

そういうときは、その役を受け入れることも必要です。

自分が自分のことを優先するという時、

他の誰かはたましいを磨く生き方をする役を世界から与えられるのですから、

大きな意味では他人の役に立っているとも言えます。

世界はバランスをとるように働きます。

無理に世界に逆らって、いつでもたましいを磨く生き方をしようとするのではなく、

​時にはこの世界を生きるための体の望むことをするのもいいかもしれません。

© 2017 taido takamine