瞑想で自分のたましいを見つめる

大堂庵は、あなたがご自身のたましいを磨くお手伝いをさせていただきます。

自分のことを見つめるための、よく知られた方法として、瞑想があります。

瞑想の優れている点は、

誰かに話を聞いてもらう方法と異なり、

言葉に頼ることなく自分のことを見つめることができるという点です。

瞑想自体にはいろいろなやり方がありますので、

ここでその詳しい方法をお伝えすることはしません。

自分に合った方法で瞑想していただければ構いません。

瞑想は言葉を使わないこともあり、

体にあまり影響されることなく、自分のたましいと向き合うことができます。

私たち人間は、人間の体にたましいが入ることによってこの世界に存在しています。

そうである以上、体の影響を完全に排除してたましいを見つめることは不可能です。

しかし、自分の役をきちんと理解するためには、たましいをしっかりと見つめる必要があります。

瞑想は、自分のたましいを見つめるのに適した作業です。

自分の役を知り、たましいを磨く生き方をするためにも、

​瞑想をする時間を確保してみるのもいいのではないでしょうか。

次のページでは、これまで紹介した以外の、

自分の役を知り受け入れるために日々やるべきことについてお伝えします。

​次のページ『世界に感謝する』

© 2017 taido takamine