ステージを上げる利点(1)

大堂庵は、あなたがご自身のたましいを磨くお手伝いをさせていただきます。

 

たましいを磨く生き方をする、

つまり人間としてのステージを上げると、どんないいことがあるのでしょうか。

一つには、日常のつまらないことに一喜一憂することがなくなります。

感情が揺れることが少なくなります。

私たち人間の体は、心を伴ってこの世に存在しています。

ですから、感情が動くことは当たり前のことです。

しかし、その感情の動き、もっと言うと、肉体の働きに意識をとられ過ぎると、

私たちの本質であるたましいが存分に働くことが難しくなります。

時として感情的になることは悪いことではありませんが、

いつでも感情的に生きていると、心も体もくたびれるし、

また、周りの人たちに対してもあまりいい影響を与えません。

人間としてのステージを上げると、感情のコントロールが容易になります。

勘違いしないでいただきたいのは、

感情がなくなるとか、冷たい人間になるということではないということです。

むしろそれは逆で、日常風景のちょっとした変化に気づけたり、

周りの人たちに対しての気遣いや、感謝を表現することができるようになります。

そんな余裕を感じさせる生き方をできるようになることが、

​人間としてのステージを上げることの利点の一つと言えるのではないでしょうか。

次のページ『ステージを上げる利点(2)』

© 2017 taido takamine