自分の役とはどういうものか

大堂庵は、あなたがご自身のたましいを磨くお手伝いをさせていただきます。

自分の役を受け入れて生きることが、たましいを磨くということです。

では、自分の役とはいったいどういうものでしょうか。

大切なことなので繰り返しますが、

自分の役というのは、自分の持っている属性すべてのことです。

それは生まれ持ったものばかりでなく、例えばどこに住んでいるとか、

どんな仕事をしているとか、どんな趣味を持っているとか、

そういったものもすべて、自分の役になります。

ですから、役の中には、自分が望んで選んだものもあれば、

自分では望まずに得ることになったものもあるでしょう。

例えば病気になるというのは、多くの人は望まない役だと思います。

ですが、病気というものが存在する以上、誰かが病気にならなくてはいけません。

病気になるのが自分である必要はないと思うかもしれません。

それはまったくその通りです。

世界にとっては、あなたが病気になろうと、別の誰かが病気になろうと同じことです。

世界にとっては、誰でもいいのです。

でも、誰かが病気にならないといけないのです。

それが世界の意思なのです。

では、そのどうしようもないと思える世界の意思に対して、

私たち個人はどのように振る舞えばいいのでしょうか。

次のページではそのことについてお伝えします。

次のページ『与えられた役を生きる』

© 2017 taido takamine