世界に与えられる役

大堂庵は、あなたがご自身のたましいを磨くお手伝いをさせていただきます。

世界から与えられる役について、もう少し詳しくお伝えします。

あらためてお伝えする必要はないかもしれませんが、人間は自然の一部です。

そして、ご承知の通り、自然はバランスをとるように働きます。

これは人間の個人の意思でなんとかできるものではありません。

よく知られた例ですが、

アリの社会では、一定の割合であまり働かないアリが存在します。

もしかしたらこの言い方には語弊があるかもしれません。

人間から見ると働かないように見えるアリたちも、

働かないという役を全うすることによって、社会の中で役割を果たしているのです。

この働かないアリたちを排除すると、

いままで働いていたアリの一定の割合が今度は働かなくなるそうです。

つまり、順番に役を受け入れ、その役割を全うするわけです。

(最近の研究では、働かないアリは有事に備えるバックアップの役を果たしているそうです)

これと同じことが、自然の一部である人間の社会でも言えます。

人間は他の生き物に比べて個人を大切にするように進化してきました。

だから、何をするにしても個人の意思で決めているように錯覚してしまいます。

しかし、個人の意思で決めていることは、実際はほんの少ししかありません。

私たちは、自分で決めているようで、本当は世界の意思に従っているだけなのです。

人間社会という大きな自然の仕組みの中で、与えられた役をこなしているだけなのです。

次のページからは、私たちに与えられる役にはどんなものがあるかについてお伝えします。

次のページ『世界から与えられる役(1)』

また、世界に与えられた役を受け入れる上で大切なことを、次のページでお伝えします。

次のページ『役に感謝する』

© 2017 taido takamine