自分の体を受け入れる

大堂庵は、あなたがご自身のたましいを磨くお手伝いをさせていただきます。

役を受け入れるための前提として、

自分の体を受け入れるということが必要になります。

自分の体の特性を知り、できることとできないことを知り、

その日その日の状態をきちんと把握することが、

世界から与えられる役を受け入れる余裕を持つことにつながります。

この世を生きるために、私たちは体を使わなくてはいけません。

そして、自分の体を使ってできる範囲でしか、

世界から役を与えられることはありません。

逆にいうと、世界から与えられる役は、

自分の体を使えば必ずできることです。

このことを知っているといないとでは役を引き受ける際の気持ちが変わってきます。

どんな役も、自分で引き受けることができるという自信をもって​いただければと思います。

© 2017 taido takamine