​(10)あいさつをしない

大堂庵は、あなたがご自身のたましいを磨くお手伝いをさせていただきます。

世界から与えられる役には、いろいろなものがあります。

何かをする・しないというのも役の一つです。

例えば、挨拶をするとかしないとかいうことです。

挨拶をするという役を世界から与えられる人もいれば、

挨拶をしないという役を世界から与えられる人もいます。

挨拶をしない人は、挨拶をするという役を

きちんと受け入れられていないのではなく、

挨拶をしないという役を引き受けているのです。

私たち人間は、どうしても人間の価値観で物事を見てしまいます。

その見方をすると、

挨拶をする人は善、挨拶をしない人は悪、というふうに考えてしまいます。

でも、どちらも世界から与えられる役なのですから、

どちらがいいとかどちらがよくないとか、

そんなことを考える必要はないのです。

ただ、自分にどのような役が与えられているかということは

きちんと把握しておく必要があります。

それさえできていれば、与えられた役を

​どのように引き受けたとしても、それはあなたの自由なのです。

次のページ『(11)ひきこもり』

© 2017 taido takamine