世界から与えられる役(4)

大堂庵は、あなたがご自身のたましいを磨くお手伝いをさせていただきます。

世界から与えられる役には、いろいろなものがあります。

例えば、何かを求めて一生懸命努力をしても、得ることができないという役があります。

得ることができるという役を与えられる人もいるし、

得ることができないという役を与えられる人もいます。

何かを夢見て、その夢がかなう、あるいはかなわないというのも同じことと言えます。

何かを求めて、得られないことがあるのは、この世界が有限だからです。

この世界が有限であることは事実ですから、覚えておくことが大切です。

自分がどんなに努力をしても、結果が望むものになるかはわかりません。

最終的に誰が得るかというのは、世界が決めることだからです。

勘違いしてはいけないのは、必要な努力をしていなければ得ることはできない、ということです。

必要な努力をしても、得られないことがある。

そのときに、どうやってその役を引き受けるか。

世界を恨んで自暴自棄になるか、

努力が足りないと考えて一層の努力をするか、

自分が活躍する場所は別にあると考えて方向転換をするか。

世界から与えられた役を、どのように演じるかを決めるのはあなた自身です。

大切なことは、どのように演じるにせよ、

自分がどういう役を世界から与えられているかを正しく認識し、引き受けることです。

​そうすることで、自然と自分が進むべき道が開けるかもしれません。

世界から与えられる役には、他にもいろいろなものがあります。

他にどんなものがあるかについて、次のページでお伝えします。

​次のページ『世界から与えられる役(5)』

© 2017 taido takamine