世界から与えられる役(6)

大堂庵は、あなたがご自身のたましいを磨くお手伝いをさせていただきます。

世界から与えられる役には、いろいろなものがあります。

誰かを好きになるというのも、世界から与えられる役です。

そして、その想いを受け入れてもらえるかどうかというのも、世界の意思によって決められています。

つまり、想いを受け入れてもらえるという役をもらうこともあれば、

逆に想いを受け入れてもらえないという役を与えられることもあります。

それは、あくまで役です。

確かに、必要な努力が足りなかったために、

想いを受け入れてもらえないという役を与えられたのかもしれません。

しかし、それ以上の意味はありません。

想いが成就するという役を与えられた後にも、努力が必要なのと同じで、

想いが受け入れられなかったという役を与えられたら、

今まで以上に努力をするという選択もできます。

その努力の方向がどちらに向かうか、それは自分で決めればいいのです。

自分が悪いから結果が悪い、ということではありません。

ただ、世界があなたにその役を与えただけなのです。

その役を受け入れて、それからどう演じるかを自分で決めればいいのです。

世界から与えられる役には、他にもいろいろなものがあります。

他にどんなものがあるかについて、次のページでお伝えします。

​次のページ『世界から与えられる役(7)』

© 2017 taido takamine