​(8)はなす、きく

大堂庵は、あなたがご自身のたましいを磨くお手伝いをさせていただきます。

世界から与えられる役には、いろいろなものがあります。

誰かと話をする、誰かの話を聞く、というのも役の一つです。

当たり前のことですが、独り言でない限り、

話をするときには話す人と聞く人が必要です。

ですから、話す方が偉いとか、聞く方が偉いとか、

そんな上下関係はありません。

話す、聞くというのは、自分と相手との関係や状況によって決まります。

自分は何も変わらないのに、相手や状況が変わることで役が変わる。

このようなことは、よくあります。

どちらの役がいいとこだわりすぎると、

たましいを縛ることになってしまいます。

どちらの役を与えられても、どちらも自分。

そういった余裕を持つことが、たましいを磨くことにつながるのです。

​次のページ『家事が苦手』

© 2017 taido takamine